人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」





みなさん、こんにちは。

今日のこのメモはYouTubeで話せば、1時間で削除されるだろうから、YouTubeではこの話はしない。


さて、いよいよADEの第一波が到来しているようだ。ちなみに、ADEとは「抗体依存症感染増強」の英略語。

このADEの末路が血栓症である。

【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_a0386130_10281854.jpg




この中で、厚労省の広報部は以下のように大嘘をついている。


「今後も、新たな変異型が出現した場合には、ワクチンを接種した人で
ADEを含めた疾患増強が生じるかを観察する必要はありますが、
現時点ではこのようなリスクの懸念はないと考えられます。」


要するに、一言で言えば、厚労省は自分たちのために国民を実験動物として扱っているということである。




いつもメモしてきたように、生化学の実験というのは、 物理化学の実験と異なり非常にグレーゾーン大きく難しいのである。

科学を知らない人は、何でも簡単に「科学的に」というが、生化学ではそういうわけにはいかないのである。

電気回路の電流を流して、テスターで問題点を見つけるというふうにはできないのである。

実験を有効にするために制御しなければいけない実験パラメータの数が多すぎて、何をやっているのかわからないものがほとんどなのである。それが、生化学の実験である。

ましてや人体実験はできないから、マウスのようなもので動物実験する他ない。

しかも、マウスで分かった結果がそのまま人間に通用するかどうかもわからない。

だから、生化学を知らない人間の科学者ぶりっ子が一番有害である。マスゴミがそうだ。

生化学を知っている人間には、「ワクチン=救世主」ではない。

ところが、厚労省政治家マスゴミが国民に対して「ワクチン=救世主」のワクチン礼賛神話を流布してしまう。

これは一種の公害である。


そういう状況下で、「ファイザーが自社ワクチンが人間のコロナウィルスに対して有効だ」と主張したとしても、それはそのローカルな実験だけがうまくいったのかもしれず、他の実験室で検証できなければ、それが真実とは言えない。

ところが、多くの生化学実験室で検証実験する度にファイザーの結果を覆す結果がでてきているわけだ。

ましてや、ファイザーのワクチンから無数の未知の物質が入っているわけだ。本来あってはいけない成分が入っていたわけだ。

こういったネガティブサイドについては、かのIn Deep氏のサイトや日本や世界や宇宙の動向に詳しい。




仮にワクチンに10種類の本来入ってはいけない未知の物質があったとしよう。

そのそれぞれに副作用があるわけだから、すくなくとも10種類の副作用が出ると考えられる。実際にはそれ以上に出るだろう。

【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_a0386130_09355344.png




これは、これまでの従来型ワクチンに対しても言えることに過ぎない。

アジュバントは、アフリカの像などの哺乳動物の永久不妊のために作成された手法であった。

それがインフルエンザワクチンにはたんまり入っている。


ところが、新型ワクチンはワクチンの原理として使われる手法のそれぞれに有害性が認められている。

つまり、今回のワクチンは人類が初めて使うmRNAワクチンとDNAワクチンである。

これは遺伝子改変作物を作るために生まれた手法で、これを初めて人間に応用したのが今回の新型コロナワクチンだ。

だから、このワクチンには、人工的なSタンパク質を暗号化した

(1) マンメイド mRNAないしDNA

が内部に仕込まれた

(2) マンメイド ウィルス

が入っている。

そして、その結果生まれる抗原としての

(3) マンメイド Sタンパク質

が体内で永久に生み続けられる。


問題は、人工的なウィルスに使われた殻の部分とマンメイドSタンパク質である。


ここで、マンメイドSタンパク質というのは人工Sタンパク質のことで、これは、人工的にデザインされたmRNAの4塩基のうち、1つが本来自然では使われない塩基に変えられたものである。詳しくはこれを読め。




DNAはAGCTの4種類の塩基の配列で出来ているが、RNAというのは、そのうちのTチミン→Uウラシルに置き換わったもので、AGCUで出来ている。

ところが、マンメイドRNAに場合は、AGCUで出来ていないのである。

コロナウィルスのRNAはAGCU'で出来ている。U'はウリジンというもので、人間のウラシルUとは若干構造が違う。

そのU'に対して、マンメイドRNAの場合には、シュードウリジン(ニセウリジン)Yが使われた。




なぜか?

というと、そう言う置き換えをすると作られるタンパク質は同じものになるが、マンメイドmRNAが人体の抗体システムにより分解されにくくなるからである。

とある日本の大学の日本人教授が発見した。

ファイザーはそれを使っている。

ファイザーは、このAGCYの4塩基でマンメードRNAをプログラムし、それを人工的な油脂(リピっど)の殻の中に入れている。

このリピッドは生殖細胞を取り巻くもので、不妊になりやすくするためのアジュバントとして用いられたものである。

つまり、ワクチンのワクチン成分というmRNAは自然のものではなく、マンメイドmRNAなのである。

これが人工的なウィルスの中に入っていて、それが体内細胞に感染し、細胞内に取り込まれる。

すると、人間のリボソームを乗っ取り、せっせとマンメードSタンパク質を生み続ける。

ところが、このマンメードSタンパク質は人間の細胞と極めて相性が悪く、すぐに血管に炎症を起こす。

すると、人体の白血球がやってきてこの炎症細胞を食い殺そうとする。

すると、その白血球の死骸が血管壁に貯まる。これが血栓の要因になるわけだ。


だから、今回のワクチンの2回接種でそれが有効に働けば働くほど人工的なSタンパク質が生み出され続ける。

その結果、3回目接種やオミクロンやCovid19に感染すれば、免疫抗体反応が増幅されて、ものすごい量の白血球や好中球が生まれる。

これが、ADEという現象である。


その結果、血管内のすべての表面に血栓ができる。

肺にできれば肺血栓になり、血液が回らなくなり呼吸できない。こんなものが肺の血管全体にできる。


【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_a0386130_10281854.jpg


肺の毛細血管に至るまでの樹状血管すべてに血栓が貯まる。


さて、昨日、我が国の埼玉県の高校生が、全身でこれが起きてお亡くなりになった。これである。




死因は新型コロナ感染に伴う「 播種性はしゅせい血管内凝固症候群」で、合併症が起きていた可能性もある。男性に基礎疾患はなく、ワクチンを2回接種済みだった。


オミクロン、2回接種した人を狙うように設計されたウィルス兵器である。





何も接種していない人には、ほとんどただの風邪。3日で治る。

しかし、2回接種した人たちは、オミクロンに感染すると、ADEになりやすいのである。


実際に、2回め接種が80%に達してから、コロナの死者数が増大している。他の国々と同じ傾向だ。


【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_a0386130_10454066.png
【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_a0386130_10482019.png



というわけで、ここをずっと見てきた人だけは知っているだろうが、

ワカメを食え! 
ACE2阻害食を食べろ。 
5ALA食品をとれ。

ということになるわけですナ。



ダマスゴミのCMはますます死亡保険と家族葬CMだらけになってきた。

すべてヤラセなんですナ。


みなさんの10年生存を祈願いたします!

無知のために罪なくお亡くなりの方々のご冥福をお祈りいたします。


いずれにしろ、春の到来は近い。

暖かくなれば、コロナも自然収束するだろうから、それまでなんとか感染せずに生き延びましょう。


頑張ろう日本人!




弥栄!





【ADEとは何だ?】尾身クローンはADEの引き金になるか?→俺「イエス高須クリニック。ADEで血栓症になって死ぬ可能性大!」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2022-02-17 10:52 | バイオコンスピラシー

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31