人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【謎の症状の赤ちゃん】日本の新生児へのワクチンの影響は出ているのか?





みなさん、こんにちは。

いや〜〜ちょっと気になるニュースを見つけたのでこれもメモしておこう。

少し前に海外の新生児のことをメモしておいた。



この中で、我が国でも同じ時期に新生児が生まれたはずだ。だから、日本の新生児はどうなのか?とメモしていた。

やはり何がしかの異変が出ているように見える。これである。

【謎の症状の赤ちゃん】日本の新生児へのワクチンの影響は出ているのか?_a0386130_11564892.png

重症だが病気の原因が分からない85人の赤ちゃんのゲノム(全遺伝情報)を解析し、半数近い41人の病名を突き止めたと、慶応大などのチームが3日付の海外の専門誌に発表した。41人は、いずれも生まれつきの希少疾患だった。そのうち20人については、より良い検査や治療につなげることができたという。

新生児や小児の医療の分野でゲノム解析の有用性を示した研究。今回、東京や大阪など8都府県の計17の高度周産期母子医療センターで平成31年4月~令和3年3月に臨床研究として解析を行った。

現在は参加機関を他の病院にも広げている。中心的に関わってきた武内俊樹慶応大専任講師(小児科)は「赤ちゃんに最新の医療技術を届け、助かる仕組みを全国的に作りたい」と話している。

研究では生後1年以内の85人の赤ちゃんから採血をした。それぞれ、ミルクを飲まなかったり、ぐったりしたりといった重い症状があった。約2カ月後にゲノム解析の結果が出て、治療や臓器移植の方向性を決めるのに利用された。




問題は、これがこれまでの例年と比べて異常な新生児が増えたのかどうか?ということだろう。

また正常と考えられた赤ちゃんたちの見た目に変化はなかったのだろうか?

それより、産んだ母親が新型mRNAワクチンやDNAワクチンを接種していたかどうかを見るべきだろう。

ワクチンの影響が新生児に出ているのかどうか?

このニュースではそういう問題意識はゼロだ。

かなりの能天気な記事ですナ。

マスコミならそういう部分を調べるべきだろう。


はたして、今後どんどんこういうふうな異常児が生まれるのだろうか?

それが問題だ。



逆にこういう情報を知れば知るほど、若者は結婚したり、子供を作ったりすることを恐れるようになるだろう。

少子高齢化が進む一方になる。


だいぶ前に、「我々の世代が人類の最後の世代になる」というような意見が出たことがあった。

当時は、悪いジョーダンかのごとく考えられたが、分子生物学的に言えば、それは正しかったことになる。

ファイザーのmRNAワクチンやアストラゼネカのDNAワクチンを接種した人間は、これまでの人類とは異るからだ。

すでに天然の人類のDNAに人為的な書き込みがなされたからだ。


ワクチン接種していない人間は旧人類。接種した人類は新人類ということになる。


したがって、新人類同士の子供は新人類になる。

ワクチンにデイジードライブが仕込まれていないことだけを祈る。




いやはや、世も末ですナ。




弥栄!






【謎の症状の赤ちゃん】日本の新生児へのワクチンの影響は出ているのか?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2022-02-04 11:55 | バイオコンスピラシー

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31