人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【A Happy New Lovely Japan!】海外のWeeabooの増殖の意味とは?→俺「2038年列島から日本人がいなくなるへの序章ですナ!」

みなさん、こんにちは。

さて、昨夜以下のものをメモした。



その一方で、ちょっと前にピルグリズム・コンスピラシーをメモした。


ピルグリズム・コンスピラシー

年代の早い近未来から


2021年 コロナ下で東京五輪は開催される

2023年 人々の生活が分断される

2024年 グレートリセットが始まる

      フィルターバブル時代の到来

      AIが人の心をつかむ

      世界のパワーバランスが明確化する

2025年 3Dプリントの都市が誕生

      プライバシーがなくなる

2026年 アフリカの人口削減が始まる

2027年 オリンピックの新しい仕組みが導入される

      中国共産党が滅亡

      日本人の10%がホームレスになる

2028年 遠隔操作で人間をコントロールする

      睡眠税が導入される

      日本で神の言葉が流行する

      銀行破綻が開始

2029年 世界政府の諮問団体が決定する

2030年 人類滅亡へのカウントダウン開始

      人の余命がわかるようになる

2031年 作られた英雄が革命を起こす

2032年 空飛ぶ車が主導権を握る

2033年 第三次世界大戦が勃発

2034年 あらゆる病気が治せる

2035年 オリンピックがフランチャイズ化する

2036年 遺伝子操作された人間デザインドヒューマンが台頭する

      資源闘争が表面化

2037年 精神のダビングできるようになり、精神と肉体が分離される。

2038年 コンタクト型VRシステムが普及

      日本列島から日本人がいなくなる

2039年 人類が二極化する

      IQ70の人類が大量発生する

2040年 日本の水道水は使えなくなる

2041年 暴走した権力者たちが楽園追放される

      人工地震による粛清が始まる

2042年 新しい金融支配システムが完成する

2043年 みんな不細工になる

2045年 AIが人間を支配する

      アメリカ主導による世界初のAI政府樹立

2050年 宇宙での生活が開始

2060年 オリンピックがなくなる

2061年 政界政府が日本にでき、日本の首都が京都になる

2062年 世界の宗教が3つだけになる

2065年 人類のとある歴史が白紙になる

2066年 子供がいなくなる

2070年 AI世界政府が実現

2077年 中米間で戦争が起きる

2078年 アドルフ・ヒトラーが復活する




この予言=予測プログラミングの2038年のものが意味深だ。これである。

2038年 
日本列島から日本人がいなくなる


これはどういう状況だろうか?

要するに、この日本がそっくりそのまま諸外国人の手に渡る。

諸外国人は白人王国が主だから、コーカソイド系の人種が日本に移り住むということである。

つまり、言い換えれば、ニュージーランドやオーストラリアのような国になるということである。あるいは、アメリカ合衆国のようになるということだ。

インディアンの国は、インディアンはごく少数派になり、外人が住む3億人の国になった。


実際、日本のラグビーのプレミア・リーグをみればその兆候が出ている。選手の半数以上が外人だ。

西洋人が日本語を学び、日本に住み着き、日本派外人、知日派や日本人との白人ハーフが主導しながら、英語だけを話す白人種を手引し移民させていく。

そうやっていつか日本人より外人が増えた時、今度は共通語を英語に変えて、日本人をマイノリティーにしていく。

そうして、ついに2030年頃までに主従逆転し、2038年には日本人が列島から駆逐される。

万事休す。


さて、こういう観点で今起こっていることを眺めれば、すべてがこの1点を目指して行われていることがわかるに違いない。

そんなものが、海外のアニメブームとWeeaboo(=日本大好きオタクor日本ストーカー)の増殖だ。

いまは日本大好きのオタクに過ぎないが、それが主従逆転し標準化する。

およそ200年前、アメリカで西洋人のアメリカ移住の一大ブームが起こった。ゴールドラッシュの時代である。この時代にニコラ・テスラ、チャールズ・スタインメッツも移住した。

これからこれと同じことが我が国で近々起こるのだ!


海外の白人種の国家でこれを醸成する日本移民ブームが起こされるはずである。

かつて第二次世界大戦の時、ユダヤ人を中東のイスラエルの地への移住を起こし、そこに新しいイスラエルという国家を作りたかった。

それで、英ロスチャイルド家は、第二次世界大戦を生み出し、ドイツのヒトラーを裏からサポートした。

そうやってヒトラーがユダヤ人を迫害することにより、西洋社会で栄華を欲しいままにしていたユダヤ人がなくなく西洋を去り、アメリカやイギリスへ移住した。そういう力のないユダヤ人はまだ未開だった中東にイスラエルを建国した。

ロスチャイルドにはこうした過去の経験がある。さらには、心理学研究所のタビストック研究所がある。


だから、欧州を住みにくい場所に変え、見かけ上ナチス化し、独裁国家のように振る舞うことで、それから逃れているかのように見える我が国へ注意を向けさせることができる。

日本へ行けば、自由に美味しいものが食える。
日本へ行けば、毎日ぐっすり眠れる。
日本へ行けば、日本女性と結婚できる。
。。。

こういう情報を共有させ、自分の国を目の敵にさせて、日本へ移住させるのだ。


とまあ、これが今後我が国を襲う最大の脅威というわけですナ。

その兆候はすでに出ている。それがこんなものである。



イギリスの日本フェスが大行列でとんでもないことに【海外の反応】
【A Happy New Lovely Japan!】海外のWeeabooの増殖の意味とは?→俺「2038年列島から日本人がいなくなるへの序章ですナ!」_a0386130_10593554.png




今の日本人は、こういうものをむしろいい傾向だと思ってしまうのではなかろうか?

ありがたいと思うだろう。


それが日本人の命取りになる。


西野亮廣氏の方程式によれば、認知度を上げれば、価値は上がる。しかし普及度を上げれば、価値が下がるのだ。

なぜなら、

ラグジュアリー度=認知度ー普及度

だからだ。

結果、日本へ来ることのできる人を増やせば、日本の価値が下がり、結果的に馬鹿にされることになる。

アメリカ・インディアンがいま馬鹿にされているのは、インディアンよりも移民者の方がはるかに増えたからだ。

江戸時代までの日本が世界のジパングになれたのは、誰も簡単には日本に入国できなかったからだ。


我々はそういう国に戻るべきだと俺は思う。

日本は、「地球人が簡単にはいけない何万光年も離れた聖人の惑星」のような場所になるべきだと思う。


しかしながら、わが国の政治家及び官僚は、これまで俺がこうすべきだ、こうした方が良いと思ったこととはすべて逆の方向へカジを切ってきて今に至った。だから、これからも俺の考えとは正反対の方向へ行くことだろう。そしてドツボにはまるだろう。

ところで、タレントさんが小学生の問題を解くというクイズ番組があるが、その時、あるタレントが「自分が正解と思ったことの逆を選ぶ」という手法で賞金の300万円のかかるクイズまで来た人がいた。しかし、その人は、最後の問題で自分の正解を選び賞金を取り逃した。

だから、自公政権の岸田文雄首相は、自分が良いと思ったことと真逆を選ぶ。コロナ対策で言えば、尾身クローンこと尾身会長の主張と正反対を選ぶ。そうした方が良いという可能性もある。


はたして我が国はこれまでどおりの平壌運転で、いつも迷走に迷走を続け、2038年には日本人が列島からいなくなるのかも知れない。


いやはや、世も末ですナ。


弥栄!






【A Happy New Lovely Japan!】海外のWeeabooの増殖の意味とは?→俺「2038年列島から日本人がいなくなるへの序章ですナ!」_e0171614_11282166.gif


by kikidoblog3 | 2022-01-10 10:58 | アイラブとてつもない日本

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31