人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【真珠湾攻撃80周年】「無知は犯罪である!」空白の30年「第二の敗戦」から何を学ぶのだろうか?

みなさん、こんにちは。

12月8日。トラトラトラ。

ご存知、真珠湾攻撃の日である。1941年12月8日からちょうど80年目。

偶然にも、今年は我が夫婦の結婚30年目の真珠婚式の年だった。





おそらく、珍しくテレビ界隈はこれを反戦、反日、反日本軍の狼煙と考えて、そういう捏造史観の番組を垂れ流すはずだ。

というわけで、ここでは別の視点でメモしておこう。


まず5年前2016年のこの日、わたしは保江邦夫博士と高松で落ち合って2人だけで、私の久しぶりの英語論文出版をお祝いしていただいたのだった。

【真珠湾攻撃80周年】「無知は犯罪である!」空白の30年「第二の敗戦」から何を学ぶのだろうか?_a0386130_22182908.jpg



もうあれから5年。


2017年にはこんなやつをメモしていた。




過去を振り返った場合、毎回内容がずれていくものや、毎回話が違うものや、毎回あやふやになるもの、こういうのは嘘である。フェイクである。

事実は毎回いつ論じようが変わらない。ただし、それが年齢とともに薄れていくことはある。記憶が失われる可能性があるからだ。



日本敗戦、従軍慰安婦、南京大虐殺、731部隊、。。。こういったものは、100%フェイクである。つまり、政治プロパガンダ。

現実はすべて逆だった。



日本の敗戦は戦後のメディアによる反日プロパガンダ、GHQのWGIPの一貫だった。




南京大虐殺は共産チャイナの政治プロパガンダだった。






従軍慰安婦は100%存在しない。従軍慰安婦は韓国人北朝鮮人の妄想、捏造であった。






同様に、
真珠湾攻撃が戦争犯罪だったというのは、アメリカの政治プロパガンダだった。




一方、在日の不法移民の師弟による朝鮮進駐軍が日本人を大量虐殺したのは歴史的事実だった!




我が国の護国思想。救国思想。これがこれまで日本を日本として維持してきた精神である。






やはり現場主義。

当日に真珠湾攻撃を指揮した当人の回想録が一番歴史的事実を述べているだろう。

【真珠湾攻撃80周年】「無知は犯罪である!」空白の30年「第二の敗戦」から何を学ぶのだろうか?_a0386130_22182908.jpg





これを読まなければ、どうのこうの言ったところで何の価値もない。


ところで、ここ四国においても「反戦機運」を高める目的で、戦争の記憶を残す事業をNHK四国が行っている。

興味深いのは、昔の記憶の伝達者リーダーに81歳の女性がいることだ。

81歳−77歳=4歳

当時、終戦時に3歳、4歳の幼児が戦争の記憶ったって分かるはずがなかろう。日中戦争はもっと前、開戦時はその人はまだ生まれていたかいないか時期である。

そんな輩が戦争の記憶の代弁者とか、俺だったら恥ずかしくてできない。よくもまあ、厚顔無恥でそんなことをマウントポジションとれますナ。

いま当時の記憶を語れる人は国内で逃げ回っていたか、子供だった人に過ぎない。

淵田美津雄のような現場を知っている人はみな死んでいる。

私の父親のように、当時陸軍幼年学校の生徒は90過ぎてみな死んでいる。



真珠湾攻撃に関しては、「第一次攻撃」だけで終了してしまったのである。淵田美津雄は「第二次攻撃」を行って、逃げていた米空母を沈没命令をもらおうとしたのだ。

真珠湾攻撃を事前に知っていた米海軍は空母を4隻沖合に避難していた。

淵田美津雄や山口などは、すでに空母の場所を知り、敵壊滅を行おうとしたのである。

これをできたかできなかったかが、その後の太平洋戦争の結論を変えたのである。

それをしなかったのが南雲忠一海軍大将だった。


これについては、小名木善行さんのブログ記事が秀逸である。







実際、ハールハーバーにある記念館には、旧日本海軍の攻撃を称賛した文章が飾られているのである。

何を称賛したのか?

というと、軍施設と軍艦などの軍事施設だけを攻撃し、学校や病院や民間施設を一切攻撃しなかったからである。


要するに、海軍の中で、何事も中途半端なずるずるべったりの山本五十六、南雲忠一が日本敗戦の立役者であり、一貫して彼らに反対していたのが、何事も徹底的にやる清廉潔白の井上晴美や淵田美津雄であった。

中途半端ものと徹底的なものは、その顔つきに現れている。







この違いが、今の国会にも出ているよ、というのが、養老孟司さんのお話。

優柔不断の岸田文雄と徹底主義の高市早苗の顔つきは違う。


さて、真珠湾攻撃から80年。


その時のレーダー技術のような科学力の差が日本の敗戦に導いたという説がまかり通っていたが、実際には科学力はそれほどの差がなかった。

問題は指揮系統の人事面だった。

この違いがいまの日米の経済力の差にあらわれていると言えるかもしれない。


第二の敗戦である。


ここから何を学ぶだろうか?


無知は犯罪である!




弥栄!





【真珠湾攻撃80周年】「無知は犯罪である!」空白の30年「第二の敗戦」から何を学ぶのだろうか?_e0171614_11282166.gif




by kikidoblog3 | 2021-12-08 12:17 | 日本社会

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29