人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【終戦日】天皇陛下のご詔勅「大和民族は困難な時期でも志操堅固たれ!」→「日本人は自分の主義や主張や貞操などを固く守って変えるな!」




みなさん、こんにちは。

今日8月15日は終戦の日だった。

最近は、この日になると、これをメモするようにしている。








一方、ねずさんこと、小名木善行さんは、終戦の日になると決まって、天皇陛下の玉音放送を取り上げる。これだ。

【終戦日】天皇陛下のご詔勅「大和民族は困難な時期でも志操堅固たれ!」→「日本人は自分の主義や主張や貞操などを固く守って変えるな!」_a0386130_17054815.jpg

【現代語訳】

朕は、深く世界の大勢と、
帝国の現状をかえりみて、
非常措置をもって
事態を収拾しようと考え、
ここに忠実にして善良なる
汝ら臣民に告げる。

朕は、帝国政府に、
米英支ソの四国に対して
ポツダム宣言を受諾する旨、
通告した。

そもそも、
帝国臣民の安寧をはかり、
万国が共存共栄して
楽しみをともにすることは、
天照大御神からはじまる
歴代天皇・皇室が遺訓として
代々伝えてきたものである。
朕もこれを常々心がけてきた。

先に米英の二国に宣戦した理由も、
実に帝国の独立自存と
東アジア全域の安定とを
希求したものであって、
海外に出て他国の主権を奪い、
領土を侵略するがごときは、
もとより朕の志すところではない。

しかるに交戦状態はすでに4年を過ぎ、
朕の陸海軍の将兵の勇敢なる戦い、
朕のすべての官僚役人の精勤と励行、
朕の一億国民大衆の自己を犠牲にした活動、
それぞれが最善をつくしたのにもかかわらず、
戦局はかならずしも好転せず、
世界の大勢もまた
我が国にとって有利ではない。

そればかりか、
敵は新たに残虐なる新型爆弾を使用し、
いくども罪なき民を殺傷し、
その惨害の及ぶ範囲は、
まことにはかりしれない。
この上なお交戦を続けるのであろうか。
ついには我が日本民族の滅亡をも招きかねず、
人類文明そのものを破滅させるに至るのか。

そのようになったならば、
朕は何をもって
億兆の子を保てばよいのであろうか。
皇祖神・歴代天皇・皇室の神霊に謝れば良いのか。

以上が、朕が帝国政府に命じ、
ポツダム宣言を受諾させるに至った理由である。

朕は、帝国とともに
終始一貫して
東アジアの解放に
協力してくれた
諸々の同盟国に対し、
遺憾の意を表明する。

帝国臣民であって戦陣で戦死した者、
職場で殉職した者、
悲惨な死に倒れた者、
およびその遺族に思いを致すとき、
朕の五臓六腑は引き裂かれんばかりである。

戦傷を負い、
戦争の災禍をこうむり、
家も土地も職場も失った者たちの
健康と生活の保証にいたっては、
朕の心より深く憂うるところである。

思うに、今後、帝国の受けるべき苦難は、
もとより尋常なものではない。
汝ら臣民の真情も、
朕にはよくわかる。

しかしここは
時勢のおもむくところに従い、
耐えがたきを耐え、
忍びがたきを忍び、
もって万国の未来、
子々孫々のために、
泰平の世への一歩を
踏み出したい。

朕はここに国家国体を護り維持しえて、
忠実にして善良なる汝ら臣民の
真実と真心を信頼し、
常に汝ら臣民とともにある。

もし事態にさからって
激情のおもむくまま事件を頻発させ、
あるいは同胞同志で排斥しあい、
互いに情勢を悪化させ、
そのために天下の大道を踏みあやまり、
世界の信義を失うがごとき事態は、
朕のもっとも戒めるところである。

そのことを、
国をあげて、
各家庭でも子孫に語り伝えなさい。

そして神国日本の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いことを思い、
持てる力のすべてを
未来への建設に傾けて、
道義を重んじて、
志操を堅固に保ち、
誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道に
おくれを取らぬよう心がけなさい。

汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体せよ。

御名御璽
昭和20年8月14日




DeepL英訳

[Modern translation]

I, the undersigned, deeply concerned about the state of the world and of the Empire, have decided to take emergency measures to bring the situation under control, and hereby announce to you, my loyal and good subjects.

I have notified the Imperial Government of my acceptance of the Potsdam Declaration against the four countries of the United States, Great Britain, China, and the Soviet Union.

In the first place, the peace of the subjects of the Empire and the enjoyment of coexistence and co-prosperity by all nations have been handed down from generation to generation as the legacy of the Emperors and the Imperial Family, beginning with Amaterasu.
I have always kept this in mind.

The reason why we declared war on the United States and Great Britain earlier was to seek the independence and self-preservation of the Empire and the stability of the whole of East Asia, and of course it is not my intention to go abroad and seize the sovereignty of other countries or invade their territories.

However, four years have already passed since the outbreak of the war, and in spite of the valiant fighting of our army and navy generals, the diligence and hard work of all our bureaucrats and officials, and the self-sacrificing activities of our 100 million people, the situation of the war has not improved by any means, and the world situation is not favorable to our country.

In addition, the enemy has used new and cruel bombs, killing and wounding many innocent people, and the extent of the devastation is truly unimaginable.
How can we continue to engage in such a war?
Will we continue to engage in this kind of warfare, which could eventually lead to the destruction of the Japanese people and human civilization itself?

If this should happen, what should we do to protect our billion trillion children?
Should I apologize to the God of the Ancestors, the Emperors, and the spirits of the Imperial Family?

These are the reasons why I have ordered the Imperial Government to accept the Potsdam Declaration.

I express my regret to the various allies who have consistently cooperated with the Empire in the liberation of East Asia.

When I think of the subjects of the Empire who have been killed in battle, who have died in the line of duty, who have suffered tragic deaths, and their bereaved families, my five organs are torn asunder.

I am deeply concerned about the health and livelihood of those who have been wounded in action, who have suffered the ravages of war, and who have lost their homes, lands, and workplaces.
I am deeply concerned about this.

I am deeply concerned about the health and livelihood of those who have lost their homes, lands and workplaces.
I understand the feelings of your subjects.

However, at this time, I would like to follow the dictates of the times, endure what is difficult to endure, endure what is difficult to endure, and take the first step toward a peaceful world for the future of all nations and for our children.

I hereby protect and maintain the national identity of the nation, trust in the truth and sincerity of your loyal and good subjects, and am always with you.

If the situation is such that we are tempted to make frequent incidents out of passion, or if our fellow countrymen ostracize each other, or if we aggravate the situation of each other, and for this reason we fail to follow the high road of the country and lose the confidence of the world, this is the situation that I shall most carefully guard against.

Tell this to your descendants throughout the nation and in your homes.

Believing in the immortality of Japan as a divine nation, remembering that the task is heavy and the road is far, devoting all your strength to the construction of the future, respecting morality, maintaining firmness of spirit, and pledging to demonstrate the essence and beauty of the national character, and to keep pace with the progress of the world.

I, your subjects, make the above my will.

The Imperial Seal
August 14, 1945



よくテレビで放映されるのは、一番大事な部分を端折り、

しかしここは
時勢のおもむくところに従い、
耐えがたきを耐え、
忍びがたきを忍び、


あたりだけのようだ。

この中で、

そして神国日本の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いことを思い、
持てる力のすべてを
未来への建設に傾けて、
道義を重んじて、
志操を堅固に保ち、

誓って国体の精髄と美質を発揮し、
世界の進む道に
おくれを取らぬよう心がけなさい。

汝ら臣民、以上のことを朕が意志として体せよ。


という最後の部分、その中の、志操を堅固に保ちとある。つまり、

志操堅固

志操堅固とは何か?

[使用例] タカラジェンヌとは言葉の厳密な意味における脚光を浴びた美貌の処女の集団である。奮励努力の精神、志操堅固の集団である[山口瞳*江分利満氏の華麗な生活|1963]

[使用例] よほど志操堅固な藩を置かないかぎり、京都的思想に魅せられて三藩とおなじ穴のむじなになってしまうおそれもある[司馬遼太郎*王城の護衛者|1965]

[使用例] 婚姻というものは本人が望んでいようがいまいが、父母親戚の者が無理にも組み上げてやるべきもの。ことに志操堅固の者や、学業に熱中しておる者、それに変わり種は、世話してやらぬばあっという間に不惑を過ぎるぞ[酒見賢一*泣き虫弱虫諸葛孔明|2004]

いや〜、面白い使用例だ。最後のやつは興味深い。

志操堅固のものや堅物や変人には、結婚相手を世話しないとあっという間に婚期を逸する

ということらしい。

志操とは、

自分の主義や主張などを固く守って変えない心。


しかしながら、この解釈は必ずしも正しくないと俺は思う。

なぜなら、それなら、単に意志堅固と変わらない。「操」という漢字があることから、この意味を加えるべきだと思うわけだ。

誤訳は、あとで大きな間違いを生む。その最大例が「縄文」や「縄文人」というものだ。これについては拙著「ニコラ・テスラの遺産」に書いたから、省略。


そう
〖操〗 ソウ(サウ)・みさお・あやつる とる
1.
手にとってうまく扱う。あやつる。
 「操縦・操作(そうさ)・操車・操舵(そうだ)・操船・操業・体操・情操」
2.
手にとりもつ。とる。
 「操觚(そうこ)・操筆・操刀」
みさお
みさを 【操】
1.
意志を変えず、身をかたく持すること。節操。
2.
貞操
 「―を守る」

要するに、操には、貞操を守るという意味があるわけですナ。これが抜けている。つまり、恋愛や結婚や下半身の問題が含まれる。

したがって、正確には、

志操とは、

自分の主義や主張や貞操などを固く守って変えない心。

これが正しいと俺は思う。

だから、終戦後に、米兵と遊んだり、結婚したり、こういう人は、この言葉の意味を理解しなかったのかもしれない。


これから敗戦という困難な時代が来るが、日本の復興に励み、志と操を堅固に忘れず保持しろ

そう、昭和天皇陛下は言っていたわけだ。




弥栄!





【終戦日】天皇陛下のご詔勅「大和民族は困難な時期でも志操堅固たれ!」→「日本人は自分の主義や主張や貞操などを固く守って変えるな!」_e0171614_11282166.gif



by kikidoblog3 | 2021-08-15 17:06 | 日本社会

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29