人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」




みなさん、こんにちは。

まあ、今回の新型コロナワクチンの危険性、これについてメモしておくが、これをメモしたところで、すでに時遅し。

今の日本人の大半は理解できないだろう。


さて、今回のモデルナ社やアストラゼネカやファイザーのワクチンの問題点は、この図にすべて集約されているように見える。というわけで、これを最初にメモしておこう。



【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_a0386130_09313927.png



ついでに、このmRNAの危険性もメモしておこう。

危険性[編集]

modRNAが標的細胞以外の細胞に侵入すると、望ましくない影響が生じる可能性がある。たとえば、コード化されたタンパク質が心筋細胞を刺激して増殖させると考えられているが、他の細胞で誤って生成された場合、これは悪性増殖につながる可能性がある。ただし、このような悪影響は、通常のmRNAと比較して安定性が向上しているにもかかわらず、modRNAがコードするタンパク質と同様に、最終的に分解されるという事実によって時間的に制限される。

また、細胞のゲノムの変化、すなわち突然変異は、癌(がん)の発症などの結果を引き起こす可能性があると主張されている。ただし、遺伝情報は細胞核にDNA(RNAではなく)として存在し、 modRNAは細胞核に入ることはない[7]。さらに、細胞質に導入された外因性mRNAがmRNAからDNAに逆転写されるという証拠はない[要出典]。逆転写酵素(HIV(エイズウイルス)など[10])を産生するウイルスがヒトに存在し、これらの逆転写酵素がmodRNAの逆転写を行うために、これらのウイルスの逆転写酵素は非常に特異的であり、ウイルス自身のRNAのみを転写する[11]


この危険性をウィキでは、ド素人が適当に書いているが、これをきちんと根拠を示して専門家の立場から主張しているものが、今回のIn Deep氏のこの記事の中の記事だ。




そこで、詳しい専門的なことをメモしても、わからないだろうから、ここでは、この新型コロナワクチンを開発した人の目的をメモしたほうが良いだろう。

まあ、長々とin Deep氏なんかは、有害性を指摘する論文を翻訳していたりするが、そんなものを読む必要もない。

目的は唯一つ。

白人だけの5億人の惑星地球

これが彼らのゴール。

だから、今回の新型コロナの感染者は、白人がほとんど感染していない。純粋な白人ほど健康だ。混血すればするほど感染リスクが高い。白人は見た目では区別しにくいから、みな白人にランクされて記録されるから、白人種も感染死しているように見えるだけ。

老人高齢者のトランプ元大統領なんかいたって元気だ。


これを開発した男、あるいは、させた男、それがアンソニー・ファウチ博士だ。


【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_a0386130_08485734.jpeg

あのトランプ大統領の前で、得意そうに話していた男だ。我が国の尾身に相当する。





ファウチは、博士号取得したばかりで、バイオ研究所国立衛生研究所の研究者に抜擢された。

何の研究所?

それが、AIDSやエボラの研究所だ。まあ、表向きでは、輝かしい業績を上げている。

1968年、国立アレルギー・感染症研究所 (NIAID)・臨床調査研究所 (LCI) の臨床アソシエイトとして国立衛生研究所に入所した[14]。1974年にLCI臨床生理学課長に就任し、1980年に免疫調節研究所長に就任。1984年にはNIAIDの所長に就任し、以後2020年現在も同職を務め[5]、感染症および免疫介在性疾患に関する基礎研究および応用研究の広範な研究ポートフォリオを担当している[14] 上位組織である国立衛生研究所 (NIH) の幹部となるオファーを断ってまで NIAID に留まり、HIV、SARS2009 年豚インフルエンザのパンデミックMERSエボラ出血熱2019新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 等、ウイルス性疾患に対処するために米国の最前線にあり続けている[15]

2000年代初め、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)の策定に重要な役割を果たした[16]。また9.11テロ攻撃後のバイオテロ防御薬とワクチンの開発を推進した[17]

医学的業績[編集]

1995年、NIH を訪問したクリントン大統領に HIV/AIDS 研究の経過を説明するファウチ。

ファウチは、ヒトの免疫応答制御の理解に貢献する重要な科学的観察を行い、免疫抑制が免疫応答に適応するメカニズムを明らかにしたことで知られ、結節性多発動脈炎多発血管炎性肉芽腫症リンパ腫様肉芽腫症英語版など、かつては致命的とされた疾患の治療法を開発した。

1985年 Stanford University Arthritis Center Survey of the American Rheumatism Association のメンバーは、ファウチの結節性多発性動脈炎および多発血管炎性肉芽腫症の治療に関する研究を、過去20年間のリウマチ学患者管理における最大の成果のひとつと評価した[18][19]

オバマ大統領と挨拶を交わすファウチ(2014年6月)

ファウチの研究は、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) がどのようにして生体防御を破壊し、その症状が後天性免疫不全症候群 (AIDS) にまで進行するかの解明に貢献するもので、内因性サイトカインによる HIV の発現誘導のメカニズムを概説している[19]。また、HIV 感染を予防するワクチンだけでなく、患者の治療と免疫の再構築のための戦略開発にも取り組んできた。現在は、HIV 感染の免疫原性メカニズムの性質と HIV に対する身体の免疫応答の範囲特定に取り組んでいる。

2003年、科学情報研究所 (Institute for Scientific Information) によって、1983年から2002年までの間、「科学雑誌に論文を発表した全世界・全分野の250万人から300万人の著者の中で、ファウチは13番目に多く引用された科学者であった」と紹介された[13]



問題は、彼があのイタリアンマフィアの発祥地のイタリアのシシリア島出身者だということですナ。そして、もう一方の、modeRNAのmRNAの開発者のDeriik Rossiという博士の名前が、またイタリア名だっていうところだ。シシリア繋がりかもしれませんナ。


シシリアンマフィアがなぜ誕生したか?

それは、古代からずっとシシリア島の住民が、イタリアの白人種にてごめにされてきたからだという伝説がある。だから、白人に報復するためにはアメリカへ行ってマフィアを作った。

心情的には、いまの支那人や朝鮮人が日本人にやっていることに等しい。

しかし、極東人の場合は、あまりにバカで歴史をまったく逆に解釈した結果だから、たちが悪かった。まさに、恩を仇で返すの典型だ。


さて、話をもとへ戻すと、要するに、mRNAやDNAワクチンがどうのこうのと言う前に、そもそもアメリカの生物学者には、一種独特の伝統がある。これが問題なのだ。

それが、これだ。

エコサイエンス




優生主義者ポール・エールリッヒ博士(ノーベル賞学者)

【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_a0386130_09171627.png
ボールドレン
【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_a0386130_09182649.jpg


アンソニー・ファウチ
【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_a0386130_08485734.jpeg


こういう流れが歴然として存在するわけだ。


ところが、こういう科学者は、ロックフェラー財団が推奨する大御所。ノーベル賞学者あるいはノーベル賞級扱い。

日本人は、舶来主義。舶来に弱い。すぐにそれを模範にしてしまう。

今回もそうだった。だから、全国のおバカさん知事連合が、堂々とこういうファウチやWHOのいうことをそっくりそのまま真に受けた。

こういうのを、間抜けという。

間抜けな知事会。間抜けな厚労省。間抜けの日本政府。間抜けの小池百合子。間抜けの菅義偉ということになるわけですナ。


彼らはもう何十年と一貫して、同じことをさまざまの手法に変えて執拗に繰り返してきているわけだ。

どこにそんなエネルギーがあるのか知らないが、それを彼らの悲願としている。

ジョージアには、ジョージア・ガイドストーンまで作っているほどだ。


この大きな流れの中で、新型インフルワクチンや新型コロナ用のmRNAやDNAワクチンが開発されてきているということを無視するべきではないだろう。


まあ、我が国も国民自ら率先して、日本人の人口をへらす方向に努力してくれているわけだ。







弥栄!






【バイオコンスピラシー】ヌクレオシド修飾メッセンジャーRNAって何だ?→俺「ゴールは1つ」_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2021-06-24 09:47 | バイオコンスピラシー

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30