人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?

みなさん、こんにちは。

さて、9月上旬の450nTに続き、久しぶりに450nTの地震電磁波が出ていたので、それをメモしておこう。

ここではHAARPモニター観察に関してメモしなかったとしても、私は毎日観察は続けているから、ない場合は特に異常はないと思ってもらって結構。しかしながら、ここ最近は300nT〜400nTの地震電磁波は頻繁に現れている。

太陽活動と地震はかなりリンクしているので、最近の太陽活動の活性化が地震を活性化させつつあると見られる。


まずは、宇宙天気ニュース

2020/ 9/28 08:11 更新
太陽風の速度は600km/秒へ高まっています。磁気圏の活動も活発です。

担当 篠原

500km/秒だった太陽風の速度は、
今日の早朝に600km/秒へ高まり、一段と高速の風になっています。
磁場強度は、速度が高まる頃に9nTへやや強まりましたが、
現在は6nTに下がり、平均的な状態に戻っています。

太陽風の速度は、
27日周期の図の前周期と同じ様に600km/秒へ高まりました。
前回はこの辺りが最高速度だったのですが、
今回は、SDO衛星AIA193の北半球の濃いコロナホールの影響が、
続いてやって来ると思われます。
速度はもう一段高まるかもしれません。
引き続き注目してください。

磁気圏の活動も高まっています。
AE指数は、グラフの後半で1000~1500nTの大きな変化が続いています。
速度が高まるとともに、
磁場の南北成分が、-5nT程度の南向きになっているためです。
磁場の南向きの変化が続けば、磁気圏の活発な活動も続くでしょう。

太陽は、SDO衛星の可視光写真を拡大すると、
2773群の領域に小さい黒点が微かに見えている様です。

また、中央部の南半球側に、小さい黒点が新しく現れています。
SDO衛星AIA193で小さく光っている領域です。
この後、更に発達してはっきりと見える様になるでしょうか。

X線グラフは特に変化はありません。


https://www.emsc-csem.org/#5w
【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_22052369.png


カナダモニター群


【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_07573251.png

【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_22054323.png


NOAAのモニター群
地磁気ゆらぎ
【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_22060078.png



【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_22061299.png



【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_a0386130_22064157.png



さて、最近は、


が消滅したので、これにより、我々はどこに地震が来そうか予測できないことになった。実に残念だ。

京大もまたあっち側の陣営に入ったのだろう。



今回の地震電磁波は方向からすると我が国の方向、あるいは、フィリピンの方である。

450nTだから結構大きな地震である可能性もある。

一応、9月末〜10月初めは要注意である。

まあ、外れるにこしたことはない。



備えあれば憂いなし。




弥栄!





【HAARPモニター観察】9月末の450nTの地震電磁波到来。10月始めは要注意か?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2020-09-28 22:09 | 地震・地震予知・噴火

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28