人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?





みなさん、こんにちは。

いやー、世の中なぞめいている。

日本中や世界中が、武漢コロナの拡散で大変迷惑している最中、そしてすでにたくさんの人たちが死にゆく最中、すでにいくつかのバイオベンチャーは、武漢コロナ(Wuhan corona virus)こと、2019-nCoV、すなわち、COVID-19の抗体(antibody)を作製し、販売中だったのだ。

一攫千金を夢見るバイオベンチャーなのか?

それとも、

最初からそういう計画の上で、織り込み済みだったのか?

このあたりはなんとも言えないが、昨日メモした、シノバイオロジカル社




もそうだったが、今からメモするベンチャー企業ProSciもそうだった。




【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?_a0386130_19264734.png

グーグル翻訳:

【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?_a0386130_19362051.png

COVID-19とは何ですか?

COVID-19は、 2019-nCoVとしても知られる新規コロナウイルス(CoV) SARS-CoV-2によって引き起こされる疾患です この病気は中国の武漢で最初に発見され、2020年1月26日に報告された2050件の実験室で確認された感染症と56件の死亡例で世界中に広がっています[i] 世界保健機関(WHO)は、資源を集めてこの脅威を是正するために、世界的な保健緊急事態を宣言しました。

COVID-19コロナウイルスの背景

4つのコロナウイルス属[ii]があります:アルファコロナウイルス、ベータコロナウイルス、ガンマコロナウイルス、およびデルタコロナウイルス。 COVID-19のコロナウイルスSARS-CoV-2は、コウモリに由来するベータコロナウイルス属に属します ベータコロナウイルスは哺乳類に感染し、人獣共通感染の病原体であり、ヒトに重度の呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。 このファミリーの他のウイルスは、SARSコロナウイルスとMERSコロナウイルスです。 S ARS-CoV-2は、SARS-CoVと約79%、MERS-CoVと50%の配列同一性を持っています。 [iii]さらに、ホモロジーモデリングは、SARS-CoV-2がSARS-CoVと同様の受容体結合ドメイン構造を持ち、 SARS-CoV-2がヒトのACE2受容体を感染に使用することを示唆しています。

SARS-CoV-2の構造

SARS-CoV-2の構造[iv]は、次のもので構成されています。スパイクタンパク質(S)、血球凝集素エステラーゼダイマー(HE)、膜糖タンパク質(M)、エンベロープタンパク質(E)ヌクレオクラピドタンパク質(N)下図に見られるRNA。


【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?_a0386130_19264734.png

スパイクタンパク質(S)は強くグリコシル化されており、N末端シグナル配列を利用してERにアクセスし、宿主受容体への付着を仲介します。 それは最大の構造であり、ウイルスの表面に明確なスパイクを作ります。 ほとんどのコロナウイルスの場合、Sタンパク質は宿主細胞のフリン様プロテアーゼによって2つの別々のポリペプチドS1およびS2に切断されます。

RNAはウイルスのゲノムです。

ヌクレオカプシドタンパク質(N)in vitroでRNA 結合し強くリン酸化されます。 Nタンパク質は、ストリング型のコンフォメーションでビーズのウイルスゲノムに結合します。 このタンパク質は、ウイルスゲノムをレプリカーゼ-トランスクリプターゼ複合体(RTC)につなぎ、その後、カプセル化されたゲノムをウイルス粒子にパッケージ化するのに役立ちます

エンベロープタンパク質(E)は、ウイルス内に少量見つかります。 これは、おそらく膜貫通タンパク質であり、イオンチャネル活性を備えています。 このタンパク質は、ウイルスの組み立てと放出を促進し、イオンチャネル活性などの他の機能を持っています。 ウイルスの複製には必要ありませんが、病因には必要です。

膜タンパク質(M)は、最も豊富な構造タンパク質です。 それはシグナル配列を含まず、ビリオンの二量体として存在します。 膜の湾曲を促進し、ヌクレオカプシドに結合できるようにするために、2つの異なる立体構造を持っている可能性があります。

ヘマグルチニン-エステラーゼ二量体タンパク質(HE)は、ベータコロナウイルスのサブセットに存在します。 このタンパク質は、表面の糖タンパク質のシアル酸に結合します。 タンパク質の活性は、Sタンパク質を介した細胞侵入と粘膜を介したウイルス拡散を促進すると考えられています。


ProSci製品

この新しい健康上の脅威を理解し、これに対処する世界中の研究者の努力を支援するために、ProSci ScientistsはSARS-CoV抗体を評価し、これらの抗体の開発に使用される免疫原と利用可能なSARS-CoV-2配列間の同一性とホロロジーの割合を決定しました同一性および相同性の割合が高いほど、SARS-CoV-2に対する反応性が示唆されます。 試用サイズの抗体がテストに利用でき、ロット間の一貫性を確保するために大きなバッチが利用できます。


【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?_a0386130_19354290.png

上の表の中の「ネコ番号」というのは。Cat. Number(カタログ番号)のグーグル翻訳の誤訳。


要するに、分子生物学的にはすべてわかっているんですナ。


さあ、この抗体の転売屋が出てくるか?

というわけで、あとは企業的、工業的に、この抗体を入れたアンプル注射すればよろしいというわけだろう。

ワクチンを作る必要もない。


これにて一見落着。めでてーな!




弥栄!




【バイオハザード】朗報、すでにCOVID-19用の抗体が販売されていた!→武漢コロナの抗体の転売屋が現れるか?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2020-02-26 19:44 | バイオハザード・武漢・新型コロナ

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31