人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【昔は良かった】昭和の象徴「こんにちは赤ちゃん」令和の象徴「こんにちはニートちゃん」→俺の予言「東京五輪中止解散総選挙!」




みなさん、こんにちは。

また一人【昭和】を代表する歌手がお亡くなりになられた。

こんにちは赤ちゃんの梓みちよさんである。





私の予想通り、「令和」の響きの悪さや暗さから、どんどん我が国がドツボに入っていく。

とまあ、そんな印象が強い。


どうやったら、この「令和」から「良いもの」が感じ取れるのか、俺には本当に理解できない。

平成おじさんの小渕恵三

【昔は良かった】昭和の象徴「こんにちは赤ちゃん」令和の象徴「こんにちはニートちゃん」→俺の予言「東京五輪中止解散総選挙!」_a0386130_08432561.jpeg

と比べても、令和おじさんの菅義偉(すがよしひで)

【昔は良かった】昭和の象徴「こんにちは赤ちゃん」令和の象徴「こんにちはニートちゃん」→俺の予言「東京五輪中止解散総選挙!」_a0386130_08435515.jpeg

は暗い。根暗である。


なんか令和の縁取りの枠が黒くて「葬式」かと思ったよ。

実際、第73世武内宿禰こと竹内睦泰さんが先月中旬にお亡くなりになられたばかりだ。

その氏が講演会の前日の打ち合わせのときに話しておられたことだが、令和を掲げる菅官房長が笑っていなくてよかったと言っていたのをよく覚えている。もし笑っていたら許さんと。

そうやって胸をなで下ろしていた矢先にそうおっしゃっていた方が突然にお亡くなりだ。






これが「令和」の力。というより、前から言っていたように、デスノートならぬデスプリンセスの力である。デス皇后陛下のお力。

善と悪、白と黒、天使と悪魔

そんな感じの上皇、皇后の組み合わせである。


とまあ、そういう印象を受けるわけだ。








さて、そんな「令和」を礼賛していたばかりに、いまや日本全土が武漢コロナウィルス爆弾を浴びた格好である。

一昔前なら、

空襲警報発令!




米軍のB29の全方位爆撃来襲!

こんな感じで警報を鳴らしていたはずである。


そうすれば、逆に除夜の鐘が神々しく聞こえるわけだ。

平和ボケしすぎて、除夜の鐘も聞こえなくなった。


ところで、この除夜の鐘。

皆さんは今年、除夜の鐘を聞きましたか?


ここ阿南も毎年除夜の鐘が響いていた。

そして私はその鐘を108つまで数えるのを年中行事にしていたのだ。

が、今年はついに聞くことがなかった。

これも、

除夜の鐘がうるさい

という在日外人のモンスタークレーマーによるイチャモンに日本仏教会が屈した形になったからだろう。


こうしてまた日本の風物詩が消えた。

これが「令和」の力である。

和=日本
令=命令

つまり、こうして「日本に命令し続けていく」これが令和である。


だから、私は宿禰との講演会で、「令和」の意味合いは、一般人が思うようなものではない。

これは

「米イルミナティーに従わさせられる」

という意味だよと忠告したのだった。

なぜなら、令和の上の「へ」に「、」は、「万物の目」を象徴するからだと。下の「ア」の部分はアメリカを象徴する。

【昔は良かった】昭和の象徴「こんにちは赤ちゃん」令和の象徴「こんにちはニートちゃん」→俺の予言「東京五輪中止解散総選挙!」_a0386130_09440247.png




文字というのは、その意味の他に形から出る「何か」がある。

漢字の画数占いというのは、これに近い哲学である。

カタカムナを信仰する人はよく知っているはずである。

「万葉集だから良い」「万葉集の和歌からとったから良い」というものではないのである。

意味も画数も形もすべてが良くないと駄目なのである。

この意味で昭和は非常に良かった。

しかし、平成は「在日朝鮮人が日本を平定することが完成した」という意味であり、実にだめだった。

だから、平成の30年がそっくりそのまま我が国にとって「空白の30年」になったわけだ。


この平成世代が「超氷河期世代」(1993年から2005年)になり就職難になった。

私はどちらかと言えばバブル全盛期の方に入っていたが、阪大博士課程を満期終了退学して一端企業就職し、それから米ユタ大大学院に行ったから、私の就職の時期が数年シフトしてちょうどバブル崩壊後のこの超氷河期世代と重なったと言える。

一方、保江邦夫先生はちょうどこのバブル全盛期にスイスから帰国したから引く手あまたの時代だったと言えるだろう。


あれから15〜20年。

最近この超氷河期世代が「超氷河期支援プログラム」の試験を受けたらしい。


たった5人の公募に1000人が応募。倍率200倍。

たったの10人に1436人。倍率14倍。


超氷河期は終わっていなかった。

これが令和である。






かつて「団塊の世代」(1947年生〜1949年生)という日本人の中では「悪魔」のような世代がいた。

が、この世代はいまも高年者としてこの日本をどツボにはめ続けている。

逆に、超氷河期世代は彼らに何の罪もないが、この後に及んでも痛め続けられているわけだ。


もっとも官僚機構にとり、こうやって採用試験をする組織を作れば、それが自分の割増給料や日当や天下り先になるから、彼らにはやるべき理由がある。

別にだれも合格しなくても良いのである。

世論に合わせてうまく自分たちの待遇改善できれば良い。

超氷河期世代の新規採用とか再就職というのは、そのための大義名分でしかない。

単なるだしだ。


そんなことより、農業をしろ!和の職人になれ!その方が賢い。

官僚になってもキャンプ座間の横田幕府の米CSISのジャパンハンドラー偽ユダヤ人の家来にしかなれない。

日本には武力がないわけだから、やつらを掃討することは不可能なわけだ。



もっともひょっとしたら、コロナウィルスが蔓延すると怖くなって本国へ逃げたり、潜水艦でもぐったりするかもしれないが。



さて、武漢コロナウィルス=新型コロナが広がると、確実に中国人もアジア人も我が国に来なくなる。来たくない。


そうなると、本当に2020東京五輪がなくなる可能性がでてくる。

開催一ヶ月前には宣言発令するだろうから、遅くとも6月に中止かどうかの決断が出るだろう。

もし6月に中止の判断が出されるとすれば、7月に国会解散。

そして衆参同時総選挙に変わるのではなかろうか?


この場合、安倍晋三が「新型コロナの対策の遅れ」で責任を取らされる格好になるのではないか?

かつての1995阪神淡路の村山富市、2011東日本大震災の菅直人、2020年の新型コロナの安倍晋三。

こうなる予感がする。


というわけで、

令和は東京五輪中止解散総選挙で決まりだ〜〜!?



まあ、後半最後は私の妄想だから本気にしないでほしいところ。


それにしても、昭和の象徴が

こんにちは赤ちゃん

だった。

令和の象徴が

こんにちはニートちゃん

だから、これじゃ〜〜赤ん坊が誕生しないよなあ。





梓みちよさんのご冥福をお祈りいたします。合掌。RIP.



-------------------------------------------------

by kikidoblog3 | 2020-02-04 09:33 | 日本社会

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30