人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!

「こだまの枝野」
【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_a0386130_08220292.jpg





Biological Illusion
by The End of the World (Sekai no Owari)






みなさん、こんにちは。

さて、昨日は奥さんが年休で隣りにいたからあまり集中できず、コロナウィルス系の話は1つしかメモできなかった。

この間にすでに欧米(英語圏)では、今回のコロナウィルスに関連して、米国内外の「運び屋」の存在についてのさまざまの情報が出てきたようだ。

相変わらず、こういうリアルタイムの活動に関して「様子見」的な静観を決め込むのが日本人の極めて悪い、というか、ずるい、というか、どうしようもない致命的な欠陥である。

いま「犯人神話」作りに入っているわけだから、ここでディベートに加わり、いろんな意味で交流しないと、下手をすれば、日本もその犯人側に組み込まれ、下手をすれば、「東京五輪見送り」というIOCの決断にもなりかねないのである。

すでに、IOCのバッハ会長にWHOのトップが会談を行い、「2020東京五輪は取り消し」にしたほうが良いという意見で一致を見つつあるというのである。

また、厚労省の役人

【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_a0386130_08435425.jpg

が「いま余り心配しすぎるな。直ちに影響はない」というような、まさに「他人事」。

かつての「こだまの枝野」のような声明を行った。

がしかし、もし日本人で死人や後遺症が残る人が出た場合は、また後々「薬害エイズ訴訟」のような訴訟に発展し、これまた何の関係のない人たちの血税から損害賠償しなければならなくなるわけだ。


さて、前置きはこの辺にして、コロナウィルスのカナダから中国へのキャリアー(運搬人)の候補としてすでに3人が登場している。




(2)Peng Zhou博士

Is This The Man Behind The Global Coronavirus Pandemic?
【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_a0386130_07470204.jpg

これは世界的なコロナウイルスの世界的流行の背後にいる男ですか?

コロナウイルスのepi延の公式理論は、武漢の魚介類や動物市場でコウモリのスープを食べたことによるものだという憶測が高まっていることを考慮して、そのほとんどは公式のサークル内にありません...

...は架空の茶番であり、ウイルスの拡散の本当の理由は、コロナウイルスの武器バージョン( 元々はカナダから取得された可能性がある)が武漢ウイルス学研究所によって(偶然に)リリースされたためです。 「 世界で最も危険な病原体 」を研究していたトップレベル4のバイオハザードラボ。同じ武漢ウイルス研究所が、2019年11月18日に投稿された以下の「ヘルプ募集」通知を削除することをお勧めします。研究所は、「 コウモリを使用して、エボラおよびSARS関連コロナウイルスが病気を引き起こすことなく長期間休眠状態にあることを可能にする分子機構を研究する」ポスドク研究員を雇おうとしている。

適切な候補者は:

  • ライフサイエンス/生物医学関連分野で博士号を取得した、または取得しようとしている。
  • 強力で独立した科学研究能力とチームワークの精神を備えた、信頼できる厳格なワークスタイルを持っている。
  • 優れた英語のコミュニケーションとライティングのスキルを持ち、国際的な主流の学術雑誌に研究論文を発表している
  • 細胞生物学、免疫学、ゲノミクスおよびその他の関連するバックグラウンド経験があることが望ましい。

武漢ウイルス学研究所のウェブサイトにまだ掲載されている完全な求人情報は、こちらでご覧いただけます(数時間以内になくなるため、下のスクリーンショットをご覧ください)。

そしてグーグル翻訳:


なぜこれが注目に値するのですか? 結局のところ、これは武漢ウイルス研究所の研究者であり、コウモリウイルス感染および予防接種グループのリーダーである博士Phou Zhou(周Ph)博士の研究室の求人です。 インスティテュートからの周の背景についてもう少し( グーグル翻訳)

2010年に武漢ウイルス研究所で博士号を取得し、オーストラリアとシンガポールでコウモリウイルスと免疫学に取り組んできました。 2009年、彼は世界でコウモリの長期的なウイルスの伝播と伝播の免疫機構に関する研究を開始する際に主導権を握りました これまでに、彼は30を超えるSCIの記事を発表しており、その中には最初の著者であるNature、Cell Host Microbe、PNASなどがあります。 現在、コウモリウイルスと免疫学に関する研究は継続しており、国立「You Qing」基金、中国科学院のパイロットプロジェクト、科学技術省の主要プロジェクトから支援を受けています。

以下は、周博士によって発行された最近のいくつかの論文のリストです。


これが私たちをパンチラインに導きます: 武漢ウイルス学研究所の厚意により、ここに「 病気にならずにコウモリがウイルスを運ぶ方法」と題する周博士の研究室からのプレスリリースがあります:

コウモリは、エボラ、マールブルク、ヘンドラ、ニパ、SARS-CoVなどの高病原性ウイルスを保有することが知られていますが、病気の臨床徴候は示していません。 2月22日に雑誌Cell Host&Microbeで発表された論文で、中国の武漢ウイルス学研究所の科学者は、コウモリではSTING-インターフェロン経路と呼ばれる抗ウイルス免疫経路が弱められており、コウモリは十分な防御を維持できることを発見しました強化された免疫反応を引き起こすことなく病気。

「コウモリとコウモリが運ぶ病原体との間にはバランスがあると信じています」と上級著者のPeng Zhou氏は述べています。 「この研究は、ウイルスとのバランスを維持するために、コウモリが特定の経路を弱めるように進化した可能性があることを実証しました。」

ヒトおよび他の哺乳類では、これらのウイルスおよび他の病原性ウイルスのいずれかに対する免疫に基づく過剰反応が重篤な病気を引き起こす可能性があります。 たとえば、ヒトでは、活性化されたSTING経路は重度の自己免疫疾患と関連しています。

「人類の歴史では、感染症を次々と追いかけてきました。しかし、コウモリはこれらの致命的なウイルスの「超哺乳類」のように見えます」 衰弱しているが完全ではないSTING経路を特定することにより、研究者は、コウモリが抗ウイルス防御を微調整して、ウイルスに対する効果的ではあるが明白な応答のバランスをとる方法について、新しい洞察を得ています。

著者らは、この防御戦略がコウモリの生物学の相互接続された3つの機能の一部として進化したと仮定しています。彼らは空飛ぶ哺乳類であり、寿命が長く、大きなウイルス貯蔵庫をホストします。

「飛行への適応は、複数のコウモリの自然免疫およびDNA損傷修復遺伝子の積極的な選択を引き起こした可能性が高い」とZhou氏は言う。 これらの適応により、特定の抗ウイルス経路(STING、インターフェロンなど)が形成され、それらが良好なウイルス貯留宿主となり、許容可能なバランスを実現した可能性があります。」

また、 念のため 、2019年1月18日からのグーグル翻訳されたプレスリリースで、Peng Zhou博士の業績について説明しています。

武漢には、世界的なコウモリの免疫研究で最初の人物がいます:「私は剣で突進しました」

長江デイリー・ファイナンシャル・メディア5月4日、先月、ヒアリングで「自然」を作ったが、近年、80人の若い研究者Zhou Pengが「自然」、「アメリカのアカデミー科学」およびその他の国際的な権威ある雑誌は、28の論文を発表し、学術的なスターになりました。最近の記者とのインタビューで、若い科学者は天才に頼るのではなく、「超自信」に頼ることを紹介しました。

周Pは、コウモリの免疫システム研究の先駆者であると理解されています。 「バットはウイルスを運ぶが、病気にならない。彼らは以前に科学者によって研究されたことがなく、他の種と確かに異なる特異性を持っているが、これは物語がどのように起こったのか知らずに始まりと終わりを知っているようなものだ」 長年の研究で、周Pはコウモリの体内の「インターフェロン遺伝子刺激タン​​パク質-インターフェロン」と呼ばれる抗ウイルス免疫チャネルが阻害されることを発見しました。これにより、コウモリは強い免疫応答を引き起こさずに病気に抵抗できます。 結果はCells、HostsおよびMicroorganismsに発表され、学術界の注目を集めました。

生体工学の学部生である周Pは、3年生のときにSARS(重症急性呼吸器症候群)を経験し、ウイルスに興味を持ちました。 「小さなウイルスが世界を混乱させます。 」彼は武漢ウイルス学研究所に入院しました大学院レベルの中国科学アカデミーで、コウモリの専門家であるShi Zhengliに師事しました。 コウモリによって運ばれるウイルスに注目すると、コウモリの免疫系は特別なものかどうか疑問に思っていました。

博士号を取得した後、彼はオーストラリア動物衛生研究所に入り、世界的なコウモリの免疫研究の最初の人物になりました。 「私は4年間の試行錯誤を繰り返し、暗闇の中を模索し、何度も南壁にぶつかりました。「最も暗い瞬間」を今でも覚えています」地元の寒い冬、凍傷膝を抱えてビーチに座っていました、なぜそうなのかを自問します。」

彼はオーストラリアのジョークを学び始め、自分自身に影響を与えました。 2016年、デューク大学とシンガポール国立大学医学部でのポスドク研究において、彼はコウモリの特定のインターフェロンが常に高いレベルで維持されることを懸念していました。 この論文は、全米科学アカデミー論文集「Bat Immunity」のカバー記事になりました。この扉が開かれ、世界中のますます多くの人々がこの分野に注目しています。 「The Forrest Gump」と「Redemption of Shawshank」を見て、愚かさと忍耐力を教えてくれました。私は剣を持って急いでいるように感じます。

2016年に中国に戻った後、周Pは母校に戻り、あまり知られていない若い研究者になりました。 「長い目で見れば、コウモリは病気にならずにウイルスを運びます。人間がウイルスと戦う方法を学ぶことができることが望まれますが、これはまだ工業化にはほど遠いです。はるかに先の道は長く、 「そして前進し続けます。」(記者李嘉特派員陳は李李インターン羅Yamengをからかいました)


そして、ここに男、神話、コウモリの神自身:P 周がいます。


eng周

彼のバイオ( ソース ):

Peng Zhou、Ph.D.、研究者、コウモリウイルス感染および免疫のチームリーダー。 彼は連続して河南大学(2004年)および武漢ウイルス学研究所、中国科学院(2010年)から学士号と博士号を取得しました。 博士号取得中、彼は研究のためにオーストラリア動物衛生研究所に送られました。 その後、オーストラリアとシンガポールのデュークヌスメディカルカレッジで研究を行いました。 彼は新しいウイルス疫学とコウモリの抗ウイルス免疫の研究に長い間携わっており、コウモリは長い間SARS、MERS、およびエボラを運んでいるが、独自の免疫機構を持っていないことを明らかにしました。

現在、彼は中国国立自然科学財団の3つのプロジェクト、および中国科学アカデミー特別プロジェクトと主要な国家科学技術プロジェクト(感染症の予防と制御のための主要プロジェクト)の3つのプロジェクトを主催し、引き受けています。 Nature、Cell Host Microbe、PNAS、およびその他の記事を含む28のSCI論文を現在公開しています。Nature、Cell Host Microbe、PNAS、および第一著者または対応する著者によって公開されているその他の記事を含むSCI論文。 これは、コウモリとウイルスの研究分野で世界の最前線にあります。

要約すると:

  1. 中国の最高のウイルス学および免疫学の専門家の1人は、中国の最高のバイオハザードラボである武漢ウイルス研究所であり、現在も愛称で本物の傘社と呼ばれています。
  2. 2009年以来、Pengは、世界で致命的なウイルスを運んで伝達するコウモリの免疫機構を研究している中国の主要な科学者です。
  3. 彼の主な研究分野は、エボラ、SARS、コロナウイルスなど、世界で最も悪夢のようなウイルスにコウモリを感染させる方法とその理由を研究することです。
  4. 彼はさまざまな免疫経路( コウモリのSTING経路など )を遺伝子操作して、コウモリを多少なりとも感染させやすくし、その過程で耐性の高い変異体スーパーバグを作成する可能性がありました。
  5. 彼の研究の一環として、ペンはまた、いくつかのコウモリの自然免疫を克服した変異コロナウイルス株を研究しました。 これらは「スーパーバグ」コロナウイルス株で、自然免疫経路に耐性がなく、現在は野生にいるようです。
  6. 11月中旬の時点で、彼の研究室では、スーパーコロナウイルスとコウモリの感染症に関する研究の実施を支援するために、経験のないポスドクを積極的に採用していました。
  7. engのウイルス学およびコウモリの免疫学に関する研究は、国立「You Qing」基金、中国科学アカデミーのパイロットプロジェクト、および科学技術省の主要プロジェクトから支援を受けています。

* * *

中国や世界中の何千人もの人々を感染させているコロナウイルスの大流行の本当の原因を知りたい人は、おそらくprobably博士を訪ねてみるべきでしょう。

または、少なくとも電子メールから始めます。Peng博士はpeng.zhou@wh.iov.cn連絡でき、彼の電話番号は87197311です。



(3)チャールズ・リーバー博士

【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_a0386130_07535376.jpg


グーグル直訳:


ハーバード大学教授と2つの中国国民が3つの別個の中国関連事件で起訴

法務省は本日、ハーバード大学の化学および化学生物学部の議長と2人の中国人が中華人民共和国の支援に関連して起訴されたことを発表しました。

ハーバード大学化学および化学生物学部長の60歳のチャールズリーバー博士は、今朝逮捕され、重大な虚偽、架空、詐欺的な発言をした1件の刑事告発で告発されました。 リーバーは今日の午後、マサチューセッツ州ボストンの連邦裁判所で裁判官マリアンヌ・B・ボウラーの前に現れます。

中国の国民であるYanqing Ye(29歳)は、ビザ詐欺を1件ずつ起訴し、虚偽の陳述を行い、外国政府と陰謀の代理人として行動したとして起訴されました。 あなたは現在中国にいます。

中国の国民30人であるZaosong Zhengは、ボストンのローガン国際空港で2019年12月10日に逮捕され、21バイアルの生物学的研究を中国に密輸しようとした罪で起訴されました。 2020年1月21日に、Zhengは、米国からの密輸品の1件と、虚偽、架空、または詐欺的な発言を行った1件で起訴されました。 彼は2019年12月30日以来拘留されています。

チャールズ・リーバー博士 Dr. Charles Lieber

裁判所文書によると、2008年以来、ナノサイエンスの分野に特化したハーバード大学のリーバー研究グループの主任研究者を務めていたリーバー博士は、国立衛生研究所( NIH)および国防総省(DOD)。 これらの助成金は、外国政府または外国企業からの財政的支援を含む、重要な外国の財政的利益相反の開示を必要とします。 2011年からハーバード大学に知られていないリーバーは、中国の武漢理工大学(WUT)の「戦略科学者」になり、2012年から2017年までの中国の千才計画に契約参加しました。中国の千才計画は中国の科学的発展、経済的繁栄、国家安全保障を促進する高レベルの科学的才能を惹きつけ、募集し、養成するように設計された最も顕著な中国の人材募集計画。 これらの人材プログラムは、中国の海外の人材や外国の専門家を誘致し、知識と経験を中国にもたらし、個人情報を盗んだ個人に報いることを目指していますLieberの3年間のThousand Talents契約の条件に基づき、WUTはLieberに月額50,000米ドル、最大1,000,000中国元(当時は約158,000米ドル)の生活費を支払い、WUTに研究室を設立するために150万ドル以上を授与しました。 。 その見返りに、リーバーは「国際協力プロジェクトを宣言し、若い教師と博士を養成することにより、「1年に9ヶ月以上」WUTで働く義務がありました。 学生、国際会議を開催し、特許を申請し、「WUT」の名で記事を公開します。

訴状は、2018年と2019年にリーバーが千才能計画への関与とWUTとの提携について嘘をついたと主張している。 2018年4月24日、または調査官とのインタビューで、リーバーは、千タレントプログラムへの参加を決して求められなかったが、中国が彼をどのように分類したかは「わからなかった」と述べた。 2018年11月、NIHはリーバーがWUTおよび中国の千才能計画との彼の当時の疑いのある関係を開示しなかったかどうかハーバードに問い合わせました。 リーバーはハーバードに、2012年以降にリーバーが「WUTと正式な関係を持たなかった」、その後数年間はWUTとの関わりを「誤って誇張し続けた」、そしてリーバーは「参加していない」中国の千タレントプラン。

イェンチン Yanqing Ye

起訴によると、あなたは中華人民共和国の軍隊であり、中国共産党(CCP)のメンバーである人民解放軍(PLA)の副官です。 J-1ビザの申請で、イェは自分が「学生」であると誤って認識し、CCPが指揮する最高の軍事アカデミーである国立防衛技術大学(NUDT)で進行中の兵役について嘘をつきました。 さらに、2017年10月から2019年4月までボストン大学(BU)の物理、化学、生物医学工学部で学んでいた間、イェーはPLAの副官として働き続け、研究を行ったり、米軍を評価したりするなど、ウェブサイトおよび米国の文書および情報を中国に送信する。

裁判所の文書によると、2019年4月20日、連邦政府職員はボストンのローガン国際空港でイェにインタビューしました。 インタビュー中、イェは、人民解放軍の高官である2人のNUDT教授との接触が最小限であると誤って主張したと主張されている。 しかし、Yeの電子デバイスを検索した結果、PLD大佐であるNUDT教授の指示で、Yeは米軍のウェブサイトにアクセスし、米軍のプロジェクトを調査し、ロボット工学とコンピュータサイエンス。 さらに、WeChatの会話のレビューでは、YeとNUDTの他のPLA職員が軍事用途のデータを解読するために設計されたリスク評価モデルに関する研究論文で協力していることが明らかになりました。 インタビューの中で、イェはPLAで中Liの地位にあったことを認め、CCPのメンバーであることを認めた。

鄭棗松 Zaosong Zheng

2018年8月、ZhengはJ-1ビザで米国に入国し、2018年9月4日から2019年12月9日までボストンのBeth Israel Deaconess Medical Centerで癌細胞研究を実施しました。 2019年9月9日、Zhengは21のバイアルの生物学的研究を盗み、中国行きのフライトに乗って米国から密輸しようとしました ローガン空港の連邦将校は、Zhengのバッグの中の靴下にバイアルが隠されており、適切に包装されていないことを発見しました。 Zhengは当初、荷物の内容について警官に嘘をついていたが、後にベス・イスラエルの研究室からバイアルを盗んだことを認めたという。 Zhengは、バイアルを中国に持ち込み、それを使用して自分の研究室で研究を行い、結果を自分の名前で公開するつもりであると述べました。

虚偽、架空、詐欺的な発言を行ったという罪状は、最高5年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金を科します。 ビザ詐欺の罪状は、最高10年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金を科します。 外国政府の代理人としての行為の罪状は、最高10年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金を科します。 陰謀の罪状は、最高5年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金を科します。 米国からの商品の密輸の罪状は、最高10年の禁固刑、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金を科します。 文は、米国判決ガイドラインおよびその他の法的要因に基づいて連邦地方裁判所の裁判官によって課せられます。

国家安全保障司法長官ジョン・C・デマーズ、米国検事アンドリュー・E・レリング; FBIボストンフィールド部の特別代理人ジョセフ・R・ボナボロンタ。 ボストンフィールドオフィス、米国税関国境警備局、フィールドオペレーションディレクター、マイケルデニング。 Leigh-Alistair Barzey、国防軍刑事捜査担当特別捜査官、北東フィールドオフィス; フィリップ・コイン、米国保健福祉省の特別捜査官、検査局長官;ボストンフィールドオフィスの米国商務省輸出執行局の特別代理人であるウィリアムヒギンズがこの発表を行いました。 レリングの国家安全部のステファニー・ジーグマン、ジェイソン・ケーシー、ベンジャミン・トルコフの補佐官は、これらの事件を、国家安全保障局の対情報・輸出管理セクションの裁判官ウィリアム・マッキーとデイビッド・アーロンの支援を受けて起訴しています。

課金文書に含まれる詳細は申し立てです。 被告は、法廷で合理的な疑いを超えて有罪が証明されない限り、無罪であると推定されます。

これらの訴訟は、中国国家安全保障の脅威に対抗する戦略的優先事項を反映し、大統領の国家安全保障戦略全体を強化する、司法省の中国イニシアチブの一部です。 企業秘密の窃盗、ハッキング、経済スパイに従事している者を特定して起訴することに加えて、このイニシアチブは、米国の国民に影響を与えようとする外国の直接投資、サプライチェーンの脅威、外国のエージェントを含む外部の脅威から重要なインフラストラクチャを保護する取り組みを強化します適切な登録のない政策立案者。




さて、この罪状の中の罪の重さがこんな感じらしい。

(あ)虚偽、架空、詐欺的な発言を行った罪状=最高5年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金

(い)ビザ詐欺の罪状=最高10年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金

(う)外国政府の代理人行為の罪状=最高10年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金

(え)陰謀の罪状=最高5年の懲役、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金

(お)米国からの商品の密輸の罪状=最高10年の禁固刑、3年の監視付き釈放、および250,000ドルの罰金


25万US$の罰金=2500万円の罰金。
最高5〜10年の懲役。
3年の監視付きの釈放。


カルロス・ゴーンの場合ならどうだったのだろうか?


アメリカの場合、それぞれの罪状が成り立つ場合は、すべての合計の罪状になる。

だから、(あ)〜(お)の5つの罪状がある場合は、すべて✕5になる。

ということは、カルロス・ゴーンの場合、

40年の禁固刑、15年の監視付き釈放、1億2500万円の罰金

になりそうだ。


とまあ、米国の法律は、国家反逆罪に対して極めて厳しいのである。


それに対して、我が国では、

0年の禁固刑、無罪放免、0円の罰金。

そんな感じではなかろうか?


日本人を拉致しようが、それを手引しようが、ほぼ無罪放免。ひどい話だ。

外患誘致罪はどの国でも死刑(=銃殺刑)である。



というようなわけで、アメリカではすでに

「武漢コロナウィルスは、カナダで作成されたウィルス兵器の中国への漏洩」

という線で一致しつつあるわけだ。

だから、現実に告訴状がだされたわけだ。


ここに国内にCIAやFBIやNSAのある軍事国家と、我が国のような、アマチュアの軍事組織しかない国との差があるわけだ。

我が国には、スパイ活動禁止法、銃刀法、国家諜報機関もない。ゆるゆるだ。


そんなわけで、


武漢の軍事バイオ研究所で殺人コロナウィルスを作っていた可能性のある犯人としては、以下の5人が候補に挙げられているというわけだ。


(1)Xiangguo Qiu博士
(2)Peng Zhou博士
(3)Charles Lieber博士
(4)Yanqing Ye博士
(5)Zaosong Zheng博士


しかしながら、常識的に考えて、そんなに少ないはずがなかろう。

US特許のメンバーを見ても分かるだろう。

【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_a0386130_07470807.png

いまの生物学の研究は一人でできるというようなレベルのものではない。


数百人、数千人単位で協力しない限り、強毒殺人ウィルス兵器など作れるはずがない。


というわけで、たしかにリークした犯人や運搬係としてはこういった人もいたかもしれないが、そもそもその母体のウィルス(種菌)を作った輩がいるわけだ。

それが南アフリカの軍事バイオ研究所のドクターモローの島の面々であり、そこからカナダのBSL4の研究所へ渡り、そこから日本も含めて全世界に配布されたに違いないのである。


それにしても、我が国のメディアはどうしようもない!

まったくそういう「リアルタイムの報道」においついていないからだ。


岡本「嫌なら見るな!」

なんて言っているからそういうことになる。


そのうち、北朝鮮製の殺人ウィルスを東京にミサイルでばらまかれる日も近いかもな。

実際、地下鉄サリン事件の黒幕は北朝鮮だったわけだ。まあ、これも日本のダマスゴミは騙したままだが。



地震もそうだが、バイオテロも


備えあれば憂いなし!




弥栄!




【バイオハザード】バイオテロ、武漢コロナウィルスの犯人は5人。3人は米国ですでに告訴されていた!_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2020-01-30 08:44 | バイオハザード・武漢・新型コロナ

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30