人気ブログランキング |

【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?





みなさん、こんにちは。

さて、忘れないうちにこれもメモしておこう。

最近の我が国の政治では、我々国民にとって悪いことばかりが矢継ぎ早に繰り出されている。

増税、リストラ、非正規化、英語、TTP、FTA、グローバリズム、地球温暖化対策、SDGs、。。。


こういうものは、私が最初のブログであったDoblog時代からメモしてきた、「グローバリゼーション」の大義名分の下に行われる「地球人類家畜化計画」の一貫なのである。いわゆる「アングロサクソン・ミッション」の一貫である。通称「NWO」の構築のアジェンダである。


なぜいま我が国のマスゴミや騙すメディアが「反核・反原発」を繰り出すか、それもバチカンの白い法王を使ってまで同じことを言わせるか?

というと、これがもう何十年も前からの彼らNWOシオニストのアジェンダに入っているからである。

【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_12472729.jpg

1770年頃、いわゆる「イルミナティー」が登場した。最初のメンターがメンデルスゾーンであった。

これは、カソリックキリスト教のローマバチカンが、ユダヤ系のイエズス会(キリスト教になりすました悪魔主義者)に乗っ取られたように、イルミナティーというのは、もともとフリーメーソンだったが、それがユダヤ系の悪魔主義者に乗っ取られたものである。

それが19世紀、20世紀になり、いわゆる「シオニスト」(Zionist)になった。日本語では、Zionを「シオン」と発音しているが、実際の英語発音では、「ジーオン」とか「ザイオン」に聞こえる。実は英語のiの発音は日本語のイとは違い、結構わかりにくいのである。

例えば、半導体を意味するSemiconductorのSemi-のIは、日本語のカタカナの「セミコンダクター」の「セミ」とは異なり、「セミー」と狭いの「セマイ」の中間の音だが、要は、「セミー」と日本人の「イ」より長めなのである。その長めの「イー」の「ー」の部分が音が下がるのである。音が下がるから「セマイ」と「セミ―」の重なったような発音になるわけだ。

同様に、「ザイオン」と「ジーオン」の中間のような重なったような響きの発音になる。

ユタ州には「ザイオン・ナショナルパーク」が存在する。おそらく、東部のクリスト教徒から飛び出たモルモン教徒が、彼らにとっての神の国であるイスラエルのジオン山を模してつけたのだろう。ちなみに、京都の祇園(ぎおん)は、このZionの真似だといわれる。

このザイオニスト(シオニスト)が、人類を総合支配するために画策したのが、フランス革命、アメリカ独立戦争、アメリカ南北戦争、ロシア革命、第一次世界大戦、第二次世界大戦であり、そして今計画中が第三次世界大戦であるという筋書きである。

すべてフリーメーソンが関与したものである。

ヒトラーのナチズムはフリーメーソンのP2ロッジが画策したものらしい。

というわけで、また彼らの「世界人類牧場化計画」「世界人類家畜化計画」「世界人類ヤプー計画」をメモしておこう。これだった。

【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_11343337.jpg

これら21の項目=アジェンダのほぼ全部が完成されたわけだ。

20)の「世界的テロリストグループを支援し」、というのに「アラブの春」「ISIS」、「我が国のグローバリゼーション。ワンチーム。ワンワールド」、「香港民主化デモ」が含まれる。

実際、最終的にイラクのフセインを殺し、リビアのサダフィ大佐を殺したアラブの春は、国連のシオニストの工作員が首謀したのである。すべて証拠が残されている。

今回の香港デモも首謀者を指導した米シオニストの女性がいた。アメリカ領事館のジュリー・エアドゥ―(Julie Eadeh)という人である。


【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_11452200.jpg

要するに、アメリカのシオニストが「香港デモ」を仕込んでいるわけだ。デモする子どもたちは、まあ生き残れば将来は保証されている。美人の周さん


【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_11502665.jpg


もそうだろう。ひょっとしたらこの周さん、周恩来の子孫かもしれないしな。


さて、だいぶ前置きが長くなってしまったが、世界のこういう潮流の中、つまり、世界がシオニストの向かわせようと思っている方向へどんどん進まされている中、我が国も何年か遅れで忠実にそれを追いかけている(ように見える)が、それはどうしてか?

私はこれを調べているのである。

そして、その本丸がどこかおおよそ見当が付いたというわけだ。

なんと「シオニストの犬」、つまり、NWOのグローバリゼーションの我が国の手先は東京大学だった。

どうしてわかったか?

というと、偶然である。


今朝たまたまいつもどおり武田鉄矢の今朝の三枚おろしを聞こうとその直前のラジオ番組から聞いていた。

【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_11594906.png

すると、木曜日は「東大教授の〜〜〜さんの日です」とあり、ついでに聞いていたら、その人が喋りだすことがすべて100%NWOシオニストの、我々が上のように「世界人類家畜化計画」と呼ぶものそのものを推奨していたというわけだ。

なんとその人は、「我が国は世界より何年も遅れている」と嘆くわけだ。

だから、「こいつはいったいだれだ?」と探してみたところ、こやつだった。

「日本全国8時です」


に出てくる木曜日の男だった。


毎週木曜日は、東京大学名誉教授、月尾嘉男さんの「雑学コラム」!

月尾嘉男

解説は東大名誉教授の月尾嘉男

11月28日(木)は「ダイバーシティからインクルージョン」

(おまけ情報:この人が優雅にやっていられるのは、セブンアンドアイホールディングスの取締役にちゃっかり収まっているからだった。大企業への名前貸しでいったいいくらもらえるのかな?役員一覧


というわけで、

この月尾嘉男なる人は東大のどこにいたのか?

と調べたわけだ。

すると、この人は工学部の都市システム研究所にいた。しかし、この人がいた頃には存在しなかったが、その後大きく作られたこんな物ができていた。




東京大学未来ビジョン研究センター(IFI)では、安全保障、サステイナビリティ、高齢化社会制度など、さまざまな分野で第一線で活躍する研究者を迎えています。専任教員の他、他研究科の兼任教員と外部からの客員教員がIFIの研究・教育活動を支えています。


この政策ビジョン研究センターのメンバーが、ラジオでさまざまの番組で、「彼らの信ずる良いこと」を国民に推奨していた/いるというわけだ。

そこのメンバーがラジオで頑張る。

NHKラジオ(ラジオ第一放送)

  • 坂田一郎教授出演 
    「福祉先進国の北欧に何を学ぶか」  2013/10/1 18:30-18:45
  • 森田朗教授出演 
    「成熟社会への覚悟」  2013/3/27 18:30-18:45
  • 秋山昌範教授出演 
    「在宅医療促進の鍵」  2012/6/19 18:30-18:45
  • 秋山昌範教授出演 
    「超高齢化時代の医療」 2012/3/7 18:30-18:45
  • 森田朗教授出演 
    「震災一年 日本の政治の課題」  2012/3/5 18:30-18:45
  • 城山英明センター長出演 
    「霞ヶ関文化人類学からみた官僚論」  2012/2/8 18:30-18:45
  • 坂田一郎教授出演 
    「地域主権国家を考える」  2009/11/2 18:30-18:45
  • 坂田一郎教授出演 
    「新しいネットワークがイノベーションをうむ」  2009/6/1 18:30-18:45
  • 森田朗センター長(当時)出演 
    「課題先進国日本を考える、東大シンクタンク発足」  2008/12/11 18:30-18:45

J-WAVE

  • 坂田一郎教授出演 
    JAM THE WORLD 「Breakthrough!」コーナー
    「国は、どこまで経済イノベーションに関与すべきか?」  2015/11/12 20:00-22:00

TOKYO FM

  • 古井祐司特任助教出演
    Chronos:メタボリックシンドロームってなに? 2013.4.2

TBSラジオ

  • 坂田一郎センター長出演
    「森本毅郎 スタンバイ!」  2016/11/17 6:30-8:30



「彼らの信ずる良いこと」=「NWOの欧米シオニストの学者から吹聴され強制されたこと」だから、要するに、我が国をNWOのアジェンダに合うように破壊したいということになる。

まあ、「俺らユダヤ白人の前にお前等黄色い倭猿など物の数ではないわ」というわけだろう。


そこで、

さらにこの東大メンバーが何をしているのか?

とそれぞれの活躍の場をチェックすると、なんと安倍政権とつながったというわけだ。


石戸 奈々子 NPO法人CANVAS理事長
牛窪 恵 インフィニティ代表取締役
大木 聖子 慶應義塾大学環境情報学部准教授
大屋 雄裕 名古屋大学大学院法学研究科教授
小林 りん 学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢代表理事
諏訪 貴子 株式会社ダイヤ精機代表取締役
田中 弥生 独立行政法人大学評価・学位授与機構研究教授
槌屋 詩野 株式会社Hub Tokyo代表取締役
土居 丈朗 慶應義塾大学経済学部教授
林 千晶 株式会社ロフトワーク代表取締役
古市 憲寿 東京大学大学院総合文化研究科博士課程
堀場 厚 株式会社堀場製作所代表取締役会長兼社長
米良 はるか READYFOR?代表
森田 朗 国立社会保障・人口問題研究所長
安田 洋祐 大阪大学大学院経済学研究科准教授
山崎 亮 studio-L代表
横田 響子 株式会社コラボラボ代表取締役

ちゃっかり、在日朝鮮人の超絶反日の隠れシールズの古市君も入っているじゃないか?また約半分は女性。


こういうメンバーに入るといったいいくらもらえるのだろうか?

俺も入れてくれ!

冗談は吉本。


このメンバーの中のたぶんメンターである長老格が、森田朗氏。

【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_a0386130_12261826.jpg

この人が、上の東大の政策ビジョン研究センターの所長クラス、いわゆる「上級国民」であった。


日本人は権威に弱い。→日本人は東大礼賛である。
日本人は権威の言うことを信じる。→NHKは放送の東大である。

ならば、

日本人の権威を洗脳すれば、日本人はすぐ洗脳される。

つまり、日本人ほど洗脳しやすい国民はいない。


というわけで、汚い仕事は地方大学に押し付け、欧米エリートと語り合うような綺麗な仕事は東大が行う。

実際、官僚や政治家と東大は、世界最貧国のモンゴルに病院を作るとかそういう汚いことは、少子高齢化の荒波で都道府県で一番忙しい医療現場にある地方大学にやらせ、自分たちはダボス会議だとか、G7だとか、G20だとか、そういったきれいなエリートの仕事をしたがるわけだ。


しかしながら、興味深いのは彼ら日本の東大エリートは、ジョン・コールマン博士やデービッド・アイクの本を全く読んでいないらしいということである。

要するに、「陰謀論」「陰謀暴露論」の類、そういう研究書、あるいは、暴露本、警鐘本をまったく読んでいないのである。


だから、NWOが必死になってさまざまの国々の国民潰しのために行う、ワクチン接種をまるで、いいことをしているかのように東大やNHKや官僚が推奨するわけだ。

この結果、年々脳障害者が増え続けているわけだ。ワクチンは脳みそに悪い。体にも悪い。

そもそも他人の異物を自分の体内に入れることはキリスト教ですら禁止したものだ。


とまあ、そういうわけで、我が国は日本人のすべてが最高に尊敬する東大の人々により自らの死を選ぶ格好になっている。実際、東大はアナーキスト、左翼、共産主義者の温床である。日本共産党の志位和夫委員長は東大工学部物理工学出身の物理学者である。

したがって、東京大学の入学式、卒業式に君が代斉唱も国旗日の丸掲揚もない。

それが、空白の30年の今の東大である。


まあ、政治家、経済界がすべて在日朝鮮人に支配された結果、東大閥もそっちについて命乞いの延命工作したわけだ。





弥栄!





【コンスピラシー】オーマイガー!NWOシオニストの日本破壊工作は東大によって行われていた!?_e0171614_11282166.gif

by kikidoblog3 | 2019-11-28 12:47 | コンスピラシー

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3