人気ブログランキング |

今日は私の誕生日だったのだが?:「台風19号は人工台風説」から「天気の子」の呪い、「真の天皇を発掘せよ」まで!?

みなさん、こんにちは。

さて、なんたる誕生日になってしまったのか?
今日は私の62回めの誕生日である。

東日本の方々には心よりお見舞い申し上げます。
この台風のせいで突然にお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。

すでにこの台風19号に対しても様々の説や憶説が出ているようだ。


興味深いのは、東京や関東の沈没を描いた新海監督の「天気の子」のイベントが急遽中止になったことだ。



確か私の見た範囲では、昨日の晩、その中止になった会場を外国人や日本人の避難場所にしたというニュースがあった。そこが、このイベント会場だったのかもしれない。



果たして

おそらくお亡くなりになった方々も1週間前にはラグビーW杯の日本代表ーサモア戦を見て応援していたはずであろう。そして、今日の運命の一戦を応援しようと思っていただろう。しかし、そう思っていた自分はもうこの世にいない。

最近はこういうケースが非常に多くなったように思う。

病気による突然死も多いだろうが、災害による突然死。死なないまでも、人は病気になれば仕事できなくなり貧乏になるわけだが、身体が元気で健康あっても突然家が吹っ飛んで住む場所を失い、貧乏になる。

こういうケースも頻繁に起こる。日本だけではなく、世界中でそうだ。

私が思う「令和」というのは、雅子妃に呪われた元号というイメージだった。デスプリンセス雅子さん。

今日は私の誕生日だったのだが?:「台風19号は人工台風説」から「天気の子」の呪い、「真の天皇を発掘せよ」まで!?_a0386130_12495688.jpg


この中にある長い不幸のリストのその先に、今回と前回の台風の被害も続いているに違いない。

神木が倒れる。鉄塔が倒れる。ゴルフ場のネットが吹っ飛ぶ。電柱が倒れる。。。。橋が折れる。堤防が決壊する。。。。

不幸の予定調和、不幸の連鎖調和である。

それが「令和」。

これが私が感じたイメージだった。そしてその通りの展開になっている。


ところで、神奈川県が氾濫で大変のようだが、例年台風が来る前に横浜港にはアメリカの原子力空母がいたという。それが台風が来る前にいつしかこっそりと外洋へ避難退避したという。むろん、今年もそうである。空母や原潜は台風来襲前にどこかへ消える。

東日本大震災のときも絶妙なタイミングで太平洋上の日本近海でそのときを待っていた。

ということは、やはり米海軍は災害予測をしているか、すでに災害を知らされている。


さて、我が国が災害にあって誰が得をするのか?

これが陰謀論のいろはである。

いちいちいろいろのことを調べるまでもなく、
結局最終的にだれが一番得をすることになったのかを調べろ!
そうすれば誰が陰謀を計画したのか分かる、というものである。


関東が被災したら誰が喜ぶのか?

新海誠監督?

韓国?中国?それともロシア?アメリカ?あるいは、ファーウェストのイギリス?

ラグビーの嫌いなやつだろうか?

そうすれば、アメフトのアメリカっていうことになる。

やはり、アメリカのトランプ大統領の差し金?

日本の農産物がだめになれば、アメリカがそれを輸出できる。

そのためのトランプ-安倍の二国間協定だろう。せっかく長年の米国の夢だった関税撤廃ができた。

じゃあ、日本の農業をぶっ潰せば、そっくり米国産を日本へ輸出できる。それも安倍晋三政権が大喜びして手助けしてくれる。

やっちゃえ日産、やっちゃえ日本。やっちゃえ日の丸。

とまあ、そんな感じだったのだろうか?


最近ではアラスカHAARPのモニターもデッドになって我々が見れなくなり、高精度のMIMICも低精度のMIMIC2になりまったく電磁放射のようなものは見れなくなった。だから、台風に対して人工照射があったのかどうか確認できなくなった。

あらゆる状況証拠が米海軍が台風を手引している印象が高い。

にもかかわらず、横浜のココイチは米海軍兵を大歓迎し、逆に米軍兵はココイチ大好きなんて言っている始末だ。

日本へ来たら日本の現地妻や現地彼女彼を作ってお遊びし、性的にスッキリしたところで外洋へ逃げて、日本が被災するのを待つ。

日本が最悪の結果を被ったところでまた舞い戻り、トモダチ(のふり)作戦を繰り返す。

まさにチャイナマフィアの行うヒットアンドアウェー戦法と同じ。米海軍のヒットアンドアウェー作戦である。

日本が台風に見舞われて大変ですね。助けに来たよ〜〜、というと、ココイチが大喜びで歓待する。良い子いますよ。


まあ、こんな感じだろうと私は想像する。


これもまたデス天皇のお力というわけだ。


そろそろ古代の天皇の血筋の濃い、本物の天皇をいただかないと、我が国は大変なことになると思う。

古来天皇に任されたのは、未来予測である。決して慰問ではない。被災後に被災地を見回り慰問するだけではだめなのだ。やはり国の将来や未来を予測し最善策を見つけなければならないのである。これが天皇の役目である。

つまり、言い換えれば、天皇とは預言者であらねばならない。預言者モーゼのようなものだ。

空母ロナルド・レーガンが来る前にそれを予測できなければならない。

昭和天皇まではそういう力があったという。だから、東京に原爆を落とす計画を阻止できた。

事前に相手の精神状態に作用し、相手の意気消沈させる。

いでよ、本物の天皇。本物の天気の子。


今いるのは偽物だ。





========================================

by kikidoblog3 | 2019-10-13 13:34 | ブログ主より

井口和基の公式ブログ 3


by kikidoblog3